2019年8月28日水曜日

第40回 光明池たそがれコンサート

結美ちゃんのボサノバ
今年で6回目の出場【光明池たそがれコンサート】、今まで大雨の時もあり、猛暑の時もあり・・・と、過酷なお天気だったこともありましたが、今年は比較的暑くないはずでしたが、やはり野外ライブは暑かった!それでも、いつも照明も音響も素晴らしくて、今年も気持ちよく歌わせて頂きました。そして、今年もはるばる東京からベースの小林真人さんが来て下さり、多田恵美子さん(p)、中嶋俊夫さん(ds)と最高のメンバーでお送りしました。
 今年はコンサートの前に、小林さんを囲んで、ODJCの口羽夫妻とよっこん夫妻、そしてずっと腰が悪くて入院治療されていた“夜の蝶”、野原さんの快気祝いも兼ねて、フレンチランチを楽しみました。四天王寺夕陽ヶ丘駅から徒歩5分の所にある口羽さんのご親戚の経営するフレンチレストランですが、とっても美味しくてランチはリーズナブル!お近くの方は、口羽さんにお尋ねして、是非行ってみてくださいね!
多田恵美子さん(p)中嶋俊夫さん(ds)小林真人さん(b)
そしてその後、小林さんと私は光明池に向かいました。今年も、バイオリンのReikoさん率いるレイコトリオ、結美ちゃんのボサノバ、そして多田さん、小林さん、中嶋さん、私のスイングバンドの3バンドが出場しました。バイオリンの澄んだ音色も、結美ちゃんのボサノバも、まるで扇風機のような、いや(^^;;)、南国の爽やかな風のような〜暑さも忘れて、とても涼やかな心地よさでした。
小林真人さん
私の歌は、ベニーグッドマンの曲《If dream come true》から始まり、夏にピッタリの曲で、ナットキングコール、ナタリーコールが歌った《That sunday that summer》これ、私のだーいすきな曲で、「もし人生の中で1日だけを選ぶとしたらいつ?それはあなたと出会ったあの夏の日曜日」というとてもロマンティックな曲です。そして今、旬な感じの《The lady is a ‘tramp’》や、戦争に行った恋人を想いながら、再び会えないかもしれないけど、またいつか会いたい.....《I'll be seeing you》など、7曲ほど歌いました。暑い中、今年は今までで一番たくさんお客さんが来て下さって、すごく嬉しかったです。本当にありがとうございました!
  さて、明日はいよいよニューサンの49周年祭です。ボトル49%オフや、先着70名さまの福引もあります。皆さま、お誘い合わせの上、ぜひ、ご来店下さい!

0 件のコメント:

コメントを投稿