2019年4月24日水曜日

ニューサン昼下がり初登場、姫路『キャッスルジャズバンド』

 毎年【ニューイヤージャズフェスティバル】や【神戸ジャズストリート】などに出場している姫路のデキシーランドジャズバンド『キャッスルジャズバンド』と、今回初めてニューサンの昼下がりジャズでご一緒することになりました。
左)村橋、植原、清瀬、山下、里佳、寺尾、さくら
リーダーの植原さんから選曲の件で丁寧なメールを頂き、曲の構成、テンポ、曲順など細かい打ち合わせをメールでしましたが、だいたい私の周りは適当な人が多いので(笑)その丁寧な対応にはとても感謝でした〜。
 キャッスルジャズバンドのメンバーは、リーダー植原盛樹さん(tp)、榎本里佳さん(p)、寺尾寿記さん(bj)、葛西さくらさん(cl)、以上が正式メンバーで、村橋健さん(b)、木下さん(ウォッシュボード)、清瀬さん(tb)が、この日はトラ(エキストラ)で演奏に入って下さいました。ピアノの榎本里佳さんのお父さんは、このバンドを作った方で初代リーダー故桔梗亮三さんです。
倉田くん(bj)もジョイント!(右)
私がロイヤルフラッシュジャズバンドの専属ボーカルをしていた頃、時々トラでロイヤルに演奏に来て下さっていました。桔梗さんは優しくて大好きだったので、私がよく桔梗さんのクラの吹き方を真似して笑わせてました〜。なのでキャッスルジャズバンドといえば、私にとっては今でも桔梗さんを思い出します。
 オープニングは《When It's Sleeping Down South》から始まり、まず最初の曲は《Clarinet Marmalade》。クラリネットのさくらちゃんはつい先日、毎年クリス率いるニューオリンズの【フレンチクォーターフェスティバル】で演奏してきたばっかり。
キャッスルジャズバンド with TonTon(vo)
可愛いだけのさくらちゃんじゃない自信に満ちた演奏を聴かせてくれました。里佳ちゃんのラグタイムピアノは、いつも穏やかで優しい彼女からは想像できない、力強いタッチにしっかりとした聴き応えのあるピアノ演奏でした。その他演奏は《Jazz Me Blues》《Muskrat Ramble》など・・・。私の歌伴では、「リハでは1回で全てバッチリ!素晴らしいバンドで〜す」と言ったら、バンジョーの寺尾さんが「そんなん本番ではわからんで〜(爆笑)」とは言いながら、本番ではリハ以上にバッチリでした!キャッスルの演奏は、マスター好みの“静か”と言ったら何故か受けてしまいましたが(笑)、植原さんの方針で?この日はドラムでなくウォッシュボードで(だから“静か”だったのか?)。1曲がコンパクトな仕上がりですが、メリハリある構成なので、聴いていてとても楽しいです。洗練された上品な演奏は、彼らの真面目で誠実な人柄が表れているのだと思いました。

2019年4月17日水曜日

教会でも大盛り上がり!外山喜雄&恵子さんとニューオリンズワールド

 今年の春のチャーチコンサートのゲストは、日本のサッチモ外山喜雄(tp)&恵子(bj/p)夫妻と田村麻紀子さん(cl)でした。昨年11月にニューサンで昼下がりライブをして頂いて以来、いつも明るい笑顔で楽しく盛り上げて下さるお二人が、今度は教会でも心踊る演奏とお話を聞かせて下さいました。
左)Mitch(tp) vs 右)外山さん(tp)
外山夫妻と麻紀子ちゃんは、前夜のラスカルズのライブから来て演奏してくれました。最初の曲は、外山さんの大好きな曲《Float me down the river》から。アメリカ南部のマッタリした異国ムードの中で、外山さんの歌が、目をつぶるとまるでそこでサッチモが歌っているようなそんな気分にさせられました。今回彼らをサポートする大阪メンバーは、ベース樋口俊哉さん、ドラムス永田充康さん、と、こちらも芸達者なお二人。ご夫妻の演奏を盛り上げてくれる目配り、気配り、思いやりで最高のパフォーマンスをたっぷり魅せて聴かせてくれました!
外山さん&木村さんデュエット
クラリネットの田村麻紀子ちゃんは、早稲田ニューオリンズジャズクラブの創始者河合さんや外山さんのずーっと下の後輩の若手実力派です。昨年11月も外山さんと一緒に来阪され、その時もそして今回も素晴らしい演奏を聴かせてくれました。それに若くて可愛いので、おじさん達のアイドルです(^0^)v 土曜日のラスカルズの日は、ラスカルズとジョイントしたり、そこにMitchもベースの清水コウさんとお店に来てくれたので、Mitchと外山さんとの競演?があったり、バンジョーの純ちゃんや永田くんの歌もありで、めちゃ盛り上がりましたーー!
2番目の傘で赤いジャケット姿は、外山恵子さん!
次の日教会でのコンサートでは、外山さんのトークだけでなく、レッドビーンズの池本さんも随分外山夫妻にはお世話になったというお話をされてました。外山さんご夫妻が、ニューオリンズジャズを愛する後輩ミュージシャン達みんなを、どれだけ可愛がり面倒を見てあげていたか、私も色んな人から色んな話を聞いて、外山夫妻のウェルカム精神に、優しさや深い愛情を感じずにはいられませんでした。木村さんとのデュエットで《What a wonderful world》は、外山さんが木村さんの肩を組んで歌ったりして、なんか涙が出そうでした。最後に演奏した葬送曲と聖者の行進では、カラフルな傘が会場を舞い、外山さんのトランペットに続いて、ミュージシャン達が演奏パレードし、教会でのこんなラストは外山さんならでは♪ あ〜、ニューオリンズに行きたくなった!!

2019年4月10日水曜日

4月/5月のTon'sジャズイベント&ライブスケジュール

☆  4月14日(日)【 New Orleans Jazz at church 〜Spring Concert〜 】
  会場:大阪島之内教会 時間:14:00〜17:30     会費:予約・前売2,000円 当日2,500円
  ゲストバンド:《外山喜雄&恵子 ニューオリンズワールド》
     外山喜雄(tp/vo) 外山恵子(bj/p) 田村麻紀子(cl) 樋口俊哉(b) 永田充康(ds)
  出演:ラスカルズ ストンパーズ レッドビーンズ+TonTon(vo)  フォーティーズ
  司会 : 森 朋子
  * 今度は『ピアノ』に引き続き『司会』です。去年の教会、ビッグリバーと3回
    目の司会ですが、またまた緊張です!頑張りますので、よろしくお願いします!

雪が溶けて、春の新潟市  〜上空から〜
☆  4月15日(月)【 TonTon 定期ライブ 】 
      ニューサントリー5(大阪)
           19:30〜22:30(3ステージ)
 多田恵美子(p) 山本久生(b) 
     中嶋俊夫(ds) 森朋子(vo)

☆  4月21日(日)
 【 昼下がりのジャズライブ 】 
     ニューサントリー5(大阪)
姫路キャッスルジャズバンド + TonTon(vo) 》
13:30 開場 14:00〜16:00(2ステージ入替無)
チケット:¥2,000(1ドリンク&おつまみ付)
  
☆【 第15回 新宿 春の楽しいジャズ祭り 】
  5月11日(土) 11:00 〜 19:40  会場:新宿文化センター全館(館内14会場)
   チケット:前売券¥3,000 当日券¥3,500 *高校生以下無料 *新宿区民割引有り
    ◉    14:15 〜 14:55 COZY CORNER(4階和室)TONTON(Vo) 大橋高志(p) 小林真人(b) 細野賢(ds)
    ◉ 15:20 〜 16:00    大ホール 都庁スイングビーツ ゲスト:守屋純子(p) TONTON(Vo)
    ◉ 16:30 〜 17:10 WHISPER PLACE #2(大ホールホワイエ2階)
             風間晶世(cl)リバーサイドジャズバンド with TONTON

☆  5月20日(月)【 TonTon 定期ライブ 】 
             ニューサントリー5(大阪) 19:30〜22:30(3ステージ)
    杉山悟史(p) 砂川雅城(b) 永田充康(ds) 森朋子(vo)

2019年4月3日水曜日

『NS5ジャズバンド』をどうぞよろしくお願いします!

 3月28日(木)から月末31日(日)まで、ニューサンでは毎日ニューオリンズジャズのライブがあり、ニューオリファンのお客さんも、「28日から毎日来なあかんな〜」と言いながら来てくれはりました!ありがとうございました(^0^*)
河合良一&風間晶世2クラリネット+緊張の私(p)💦
28日(木)はレッドビーンズ、29日(金)はNS5ジャズバンド、30日(土)はラスカルズ、そして31日(日)は再びNS5ジャズバンドの昼下がりライブ。このNS5ジャズバンドは、新潟リバーサイドジャズバンドのリーダーでクラリネットの風間さんがニューサンでライブする時、メンバーは固定せず、その都度大阪のニューオリミュージシャンに声をかけて集めるので、演奏者側もスリルのある面白さがあります。
NS5ジャズバンドの昼下がりライブ
29日のNS5は、風間晶世(cl)、山田洋一(tb)、松永忠範(tp)、川合純一(bj)、宮尾益尚(ds)、樋口俊哉&早川輝瑛(b)、TonTon(p&vo)というメンバーでした。
リバーサイドジャズバンドの山田さんと宮尾さんは、それぞれ東京と新潟から演奏しに来てくれましたー!ご苦労様でした。当初は、ピアノはラスカルズの尾崎さんだったので、久しぶりに尾崎さんの演奏を聴きたいという方もたくさんいらっしゃり、問い合わせも多かったのですが、結局仕事で来れなくなってしまい、 本当に残念でした。そこで急遽仕方なく私がピアノを弾く事になりました(^^;;) 私が新潟にいた頃は、尾崎さんにレッスンを受けながら、リバーサイドジャズバンドのライブの時は私がピアノを弾いていたのですが、なんせ継続して弾いてないし、久しぶりなのでめちゃめちゃ緊張しました💦
池本さん純ちゃんヒグヒグ山田さん杉山くん風間さん

 31日の昼下がりライブは、トランペットが池本徳和さん、そしてピアノは杉山悟史さんでした。いつもMitchのバンドで弾いている杉山くんですが、この日はトラディショナルジャズのスタイルで。さすが杉山くんは、リハでバンドの演奏スタイルを感じ取り、バッチリ演奏してくれました。この日はラスカルズの常連さんや浅草ハブによく行った東京からの若いカップル、ネットを通じて初めてご来店下さったお客さんなどたくさんお越し下さいました。古いジャズを聴いて楽しんで頂きたい、そしてまた聴きに行きたいと思って頂けたらいいな〜と思いながら、この日は私はピアノじゃなかったので、杉山くんのピアノでのびのびと心を込めて、歌わせて頂きました♪
 これからもNS5ジャズバンドは、3ヶ月おきくらいの割合で演奏して行こうかと考えています。次回のNS5ジャズバンドは、5月29日(水)で、風間晶世(cl)、福田恒民(tb)、中山聖(tp)、川合純一(bj)、松本竜成(p)、樋口俊哉&早川輝瑛(b)、池堂孝平(ds)、TonTon(vo)です。また是非いらして下さいね!

2019年3月27日水曜日

角松敏生 meets アロージャズオーケストラ Vol.5

 今年も、私の大好きな角松敏生とアロージャズオーケストラとのコラボライブに行ってきました!今回はチケット発売と同時に完売だったので諦めていたのですが、執念でチケットをゲット出来ました〜ー v(*^^*)v
来年還暦を迎える角松さんとは思えないスラッとした細い身体に派手なスーツを着て颯爽と登場し、まず最初の曲は《Rain Man》から。角松さんの衰えない美声に酔いしれながら、最初からステージに釘付け、次々と流れる歌に私は聴き入っていました。《Take It Away》《SHIBUYA》そして、今年プロ生活65周年を迎えられたアローのトロンボーンでバンマスの宗清さんをフィーチャーしての《Can't You See》など.....、彼のオリジナルナンバーをビッグバンド用にアレンジして、次々と青春時代を思い出す懐かしい大好きな曲を聴かせてくれました。そう言えば、ドライブに行く時、必ず角松敏生の『カセットテープ』を忘れなかったな (^0^)/!
 今回のライブは、ビッグバンドとの共演ということもあり、オリジナルだけでなくジャズも演奏され、《Nica's Dream》では、角松さんとKIKOさんのスキャットや、小林充さんのサックス、谷口知巳さんのトロンボーン、田中洋一さんのトランペットなど、ラテンのリズムに乗ってそれぞれのソロ演奏がカッコよかったー!
ビルボード大阪の店内、正面がステージです
Spain》を歌ったコーラスKIKOさんのバンドとのユニゾンも迫力満点でした。最後の曲とアンコールは、私の超大好きな曲《Airport Lady》と《Take You To The Sky High》!!《Take You To The Sky High》は、原曲とはまた違った、軽快なラテンリズムにアレンジされ、そこに、ラテンピアニストと言えば、角松さんお気に入りの中島徹さんが、トロンボーン奏者から今度はピアニストとして素晴らしい演奏を披露して下さいました。徹さんと言えば、Mitchともよく共演されてます。角松さんみたいなビッグアーティストに頼りにされる徹さんってめちゃかっこいいなあ〜〜。角松さんとアロージャズとの共演は今年で5年目になるのですが、角松さんも「5年の月日は、私たち大人にとってはそれなりの月日だよね〜」と意味深に言ってたけど(^^;;)、来年6年目もやります!ということで、私も絶対行きます!
 ここんとこストレスが溜まって滅入ってた気分も吹っ飛び、至福の時を過ごせました♪ 諦めていたチケットが突然手に入ったのは、まさに神様からのギフトでしたー♡

2019年3月14日木曜日

春のTon'sライブスケジュール

💟3月18日(月)【 TonTon 定期ライブ 】ニューサントリー5(大阪) 19:30〜22:30
  杉山悟史(p) 山本学(b) 冨永ちひろ(ds) 森朋子(vo) 

💟3月29日(金) ニューサントリー5(大阪)  19:30〜22:30              
    《 NS5ジャズバンド 》 
  メンバー:風間晶世(cl) 福田恒民(tb) 松永忠軌(tp)  川合純一(bj&vo) 
          宮尾益尚(ds&vo)   樋口俊哉(b&vo)&早川輝瑛(b) TonTon(p&vo)
         *  残念ながら、尾崎さん(p)は来れなくなりました m(._.;)m

いつも乗る大阪→新潟便のANA。ちっちゃいでしょ^^;;

💟3月31日(日)ニューサントリー5
【 昼下がりのジャズライブ 】
   13:30 開場 14:00-16:00  
  ¥2,000(1ドリンク&おつまみ付)   
《 NS5ジャズバンド 》
メンバー:風間晶世(cl) 福田恒民(tb) 
  池本徳和(tp) 川合純一(bj)   樋口俊哉(b)
  宮尾益尚(ds)      TonTon(vo)  
 ゲスト:杉山悟史(p)
* ピアニストに杉山くん登場!このメンバーと杉山くんのサウンドが、どうマッチングするのか、とても楽しみです!

🌸4月14日(日)【 New Orleans Jazz at church 〜Spring Concert〜 】
   場所:大阪島之内教会 時間:14:00-17:30
   クリス不在の為、私が司会を務めます。もちろん、レッドビーンズとも共演します。

🌸4月15日(月)【 TonTon 定期ライブ 】ニューサントリー5(大阪) 19:30〜22:30
  多田恵美子(p) 山本久生(b) 中嶋俊夫(ds) 森朋子(vo)

🌸4月21日(日)【 昼下がりのジャズライブ 】ニューサントリー5(大阪)
   13:30 開場 14:00-16:00  チケット:¥2,000(1ドリンク&おつまみ付)
  《 姫路キャッスルジャズバンド + TonTon(vo) 》

2019年3月6日水曜日

ジャパニーズプレスリーは、どこだ!

みちよちゃん(p)チャーリーさん(vo)
チャーリー・ニーシオさんの昼下がりのライブ第2弾は、私も共演させて頂きました。とはいえ、やはりチャーリーさんがメインなので、私は最初にご挨拶と2曲ほど歌い、その後はチャーリーさんのショータイムでした。今回は、ジャパニーズプレスリーを是非聴こう!と、ニューサンのお客さんもたくさんお越し下さいました。
メキシカンロック&フラミンゴロックでドドンパ♪
今回チャーリーさんは、シックに黒のスーツで登場。今回彼は、オリジナル曲を中心に歌いました。たくさんオリジナルも作ってらしてすごいな〜と思いましたが、特に最後に歌われた、「死への旅立ちはお別れではない」という曲《金の蝶》は、綺麗な歌声で心を込めて歌うチャーリーさんの想いが伝わる感動の曲でした。2012年に「エルヴィス日本一」に選ばれ、それ以来、ジャパニーズプレスリーとしてその名を多くの方に知って頂いた反面、ご自身の歌の世界もお持ちだから、たくさんオリジナルも創られ、活動されているのだと思います。
アンコールは《見上げてごらん夜の星を》を皆で合唱
でも、やっぱりお客さんはプレスリーの歌も聴きたい!ということで、リクエストを募り、お応えしていらっしゃいました。「プレスリーの曲は800曲ほどあるんですが、僕はそのうち300曲しか歌っていないので、リクエスト頂いても外れたらごめんなさい!」とおっしゃってましたが、300曲も歌えたらすごい大したもんだと思いますよ〜!!
 そして最後までたった一人でたくさんの曲を演奏して下さったのが、前回に引き続き、おさむちゃんのお抱えピアニスト、石田みちよちゃん。彼女は演奏もさることながら、いつも笑顔で優しくて素敵な人柄なので、ミュージシャンからもお客さんからもとても人気があります。
チャーリーさんの手には、大丸心斎橋劇場のチラシが
この日、一番忘れられなかったみちよちゃんとの会話が、「主人は、宝くじで当たったくらい素敵な人なの❤︎」でしたーー✨
 6月2日(日)に、大丸心斎橋劇場でチャーリーさんの【15回記念スペシャルライブ】をやります。1部はオリジナルハードジャズオーケストラで SWING JAZZ を、2部はコンボで ELVIS & OLDIES をお送りします。開場/13:30、開演/14:00、全席指定で前売4,000円、当日4,500円です。お子様は半額です。陽気なスイングジャズ、そしてエルヴィス・プレスリーの歌の数々と、永遠のヒットパレード、オールディーズの名曲を是非お楽しみ頂きたいと思います。