2020年7月6日月曜日

みんなで楽しむ50周年祭企画

 お店でライブを復活してから、はやひと月が過ぎました。やはり世の中はコロナの心配もあり、こちらがクラスターを心配するほどのお客さまは、まだご来店頂いていません。それでも最近は、「今日初めて外で飲むぞ〜」とおっしゃる方も少しずつ増えて来たような気もします。
レストラン営業でのピアノソロ小田知代さん
 7月に入り、いよいよ来月周年祭の月を迎えます。こんな世の中になる前は、50周年はどこかコンサート会場を借りて、あるいはホテルなどで東京からもゲストも呼んで盛大なパーティーをしようか!なんて言ってる頃もありました。今はそれどころか、周年祭ができればいいというナント謙虚な気持ちになったことか・・・。ということで、今後自粛と言われようが、県をまたぐなと言われようが大丈夫、お店で地味にやることにしました。それでも何か想いでに残る楽しいことをしたくて、映写機を使って、皆さんと共に歩んだニューサンの過去を振り返ろうと思いました。
よく結婚式で、新郎新婦が自分たちの過去を映写機でさらけ出す、アレですわ。
名付けて《映写機で観るニューサン50年の軌跡
福田さん(tb)復帰、木村王子(ds)、来週は木村 陽一(ds)
今マスターが一生懸命過去のアルバムを見ながら「わぁ〜、懐かしいな〜」と、既に楽しみながら写真を探しています。50年前の写真はほとんどモノクロで、5周年なんて、ヌードダンサーが踊っている写真が見つかりました。見たいでしょ!見に来てください(笑)今ヌードダンサー呼んだら、ヤバイよね(笑)それから今日に至るまで、ニューサンのお客さんと撮った写真や、若かったバンドの皆さんやら秘蔵写真を、マスターが解説しながら20分〜30分くらいの時間、店内を暗くして観ます。
 それから恒例の福引遊びもやります。
店内は少なめです。
今回はラスカルズの河合良一賞(交渉したのですが、残念ながらダイヤモンドは出してくれません)や、サントリーボトルを購入して下さったお客様に限り、サントリーからの福引があったり、他にも50周年Tシャツ、新潟の日本酒1升、ウイスキーボトル、ワインボトル、新潟産枝豆、ピザ券、カツサンド券.....などなど、しょうもないもんから豪華商品までご用意しておりますので、乞うご期待!これらのイベントは、8月26日(水)〜28日(金)のいずれかでやります。30日(日)は、周年祭特別企画としてMitchを中心に《昼下がり50周年祭スペシャル》をやります。メンバー、内容など詳細はまだ未定。どちらも、もう少しお待ち下さい。 
 最近またコロナ感染者が増えているようで、本当に周年祭は出来るのか?まだわかりませんが、とにかく周年祭に向けての準備は進行していきます!

2020年6月29日月曜日

50周年祭やります‼️

 もうすぐニューサンの誕生月である8月がやって来ます。思えば、3月に読売情報ネット番組“ten”がニューサンの番組を取り上げて下さったのに、4月からコロナ感染拡大防止のため日本中ステイホームに入ったので、8月の周年祭なんて正直もう無理だろうなと思っていました。
1970年、ラスカルズも演奏出場した日本万国博覧会
そして6月に入り、父と8月のスケジュールを考えましたが、父は意外と力が抜けてしまったのか、「もうやらなくてもいい」とか言い出しました。でも昭和から令和までの激動の時代に、父がニューサントリー5を50年やってこれたのはすごい事だと思うし、区切りとして絶対周年祭はやるべきだと思いました。人生は一度きり、50周年も一度きりのお祝いです。もう2度とやって来ません。私はやらないで後悔するより、例えコロナのせいでお客さんが来られなくてもやるべきだと思っています。ニューサンに人生を捧げて来た父に、ひと段落、「お疲れ様!」と祝ってあげたいと思います。
 そこで、周年祭の日程が決まりましたので、父の気が変わる前にお知らせさせて下さい。8月25日のニューサン生誕の日から29日(土)までの5日間、【50周年アニバーサリーウィーク】とさせて頂きます。コロナの影響が今後どうなって行くのか?さっぱり検討もつかないので、大きなパーティーはしません。また突然『自粛』なんて事になっても困るので、あくまで店内で地味にやる事にしました。
万博から50年後、ニューサンのツートップ😆
恒例のボトル半額セールや福引遊び、Tシャツや記念CDも制作しています。映写機で『ニューサンの軌跡を振り返る』昭和の懐かしい写真をみんなで観よう!という企画もしています。ボトルセールはいよいよ半額なので、50周年で最後かも(^^;;) ソーシャルディスタンスや3密を考慮して、もしかしたら、全日予約制にさせて頂くかもしれません。それは、今後のコロナや政府の動きを見ながら考えていきます。
 1970年、万博の年にニューサントリー5が誕生してからの50年という月日は、まさに激動の50年でした。戦後バブル期を迎え、華やかで夢溢れる昭和を走り抜け、バブルが弾けて華やかだった時代が終わり、今度は携帯電話の普及に伴い、コンピューターの目まぐるしい発展・・・。今やコンピューターを使えないと仕事にならないので、私も必死で使ってますが、私は、たくさんの人で溢れ、互いに人々がちゃんとコミュニケーションを取り、元気で夢溢れる楽しかった昭和が一番好きでした。そんな時代をもう一度みんなで振り返って楽しめるような周年祭にしたいと思っています。

2020年6月20日土曜日

密かに盛り上がった、久しぶりのライブ再開

 ニューサンのライブもやっと再開することが出来ました。たくさんの方から「再開おめでとう!」とお祝いのお言葉やお気持ちを頂きました。
ノーライブデーはパターゴルフ遊び
6月に入ってからしばらくは、ライブ再開するまでレストラン営業をしていたわけですが、コロナ自粛ムードがまだまだ続き、ほとんどお客さんは来られなかったです。ライブしてもこんな感じだろうか・・・と思っていましたが、さすがライブを待ち望んでいたファンの方は「待ってました!」とばかりにお越し下さいました。それでもやはりコロナの影響で、いつもよりやや控えめな人数なので、クラスターを心配するほどではなかったです。
コロナ追跡システムとAL自動噴射機
 ライブが始まって、一応活気づいて来たことを早くお知らせしたいと思いながらも、どう書けばいいのか、私自身とても戸惑い、書き上げるのに遅くなりました。というのも、「大盛況でした」とか「盛り上がりました」とか書いたらまずいんちゃうか?と思う気持ちもあり、また写真も「これちょっと密な感じかも・・」というのもあり、客席は映さないようにしたり・・楽しそうに盛り上がっていたらいかんライブの紹介をどう書けばいいのか?考えた末、自分のブログなので、私が感じたことを素直に書かせて頂く事にしました。
 コロナに対するお考えはホント人それぞれです。「そないにもう心配せんでも」という方と「まだまだとても心配です」という方とにわかれます。基本的にライブを楽しみに待っておられた方は前者の方。正直、心配な方はライブに来られません。入場時にアルコール消毒と検温をして頂いているし、コロナ追跡システムもあちこちに貼ってあります。店内は窓を開け、クーラーを稼働し、更に扇風機をあちこちに回しているので、空気が滞ることは絶対になく、むしろ寒いくらいです。
ライブスタート初日は、河合 良一カルテット
なので、ソーシャルディスタンスや飛沫やとあまり細かく言うのも、ライブを楽しみにして来られたお客さんに申し訳ないかと思い、その辺は様子を見て対応させて頂いております。ただ「心配だけど行きたい」とおっしゃられるお客様からご相談を受けた場合は、ステージからできるだけ遠いお席で、相席厳禁とさせて頂いています。せっかくコロナ感染予防の為に用意したものは、あまり活用しておりませんが^^;;今のところ心配な方も心配でない方も問題なく楽しんで下さってます。
 このまま第2波が来ないことを祈りつつ、8月の50周年祭が迎えられる事を期待したいと願っています。

2020年6月8日月曜日

いよいよ13日(土)ニューオリンズラスカルズからライブ再開です❗️

 6月から自粛規制緩和され、夜の営業も同時に緩和されました。世の中の自粛疲れもあり、人々は開放を求めて外へ出るかと思いきや・・・常連のお客様や音楽関係者以外、お客様はほとんど来られません。
左から)ママ、トミー&今治ちゃん
むしろ、5月の方が外出されていたのではないでしょうか。やはり人々は、第2波が来ることを恐れていることと、もう一つは、まだ会社が夜間外出を自粛要請しているとのことでした。確かにコロナは終息したわけではないので、またいつ暴れだすかわからない。やはり、薬やワクチンが出来るまでは、用心するに越したことはありません。でも会社が縛りを解かない限り、経済は動かないのではないかと思います。吉村知事が「それぞれが気をつけて常識ある行動を心がけながら出かけて下さい」と言っているのに関わらず、会社がそれを止めていては、なんのために解除されたのかわからない。
いつもありがとう💕 梶川夫妻と
いつもこういった矛盾に悩まされます。行政と企業が同じように動かないと意味がない。お店に来て下さるお客さんも「会社は飲みに行ったらあかん言うてんねんけど、ニューサンが気になって、とにかく一度行かなあかんと思って来てん」言うて来てくれはって、ほんま申し訳ないというか感謝です❗️ただ、お初天神通にある『お初天神裏参道』はすごい人でした。表にテーブルと椅子を出して、そこで若者が飲み食いしているのですが、向かい同士の店が近い上に、お互いに外にテーブル出してたら、その一帯は外と言えども、もはや3蜜ではないかと思われるような状態でした。
新潟の友人からの差し入れ🎶 新潟銘酒〆張鶴“純”
つまり、今回解除されて弾け出て来たのは若者で、やはり大人の方は、まだまだ自粛されておられるということがわかりました。
 今月13日(土)から、ニューサンもライブを再開します。集客は、収容人数の半分以下に抑えなければならないので、せっかく来て頂いても入れないお客さんもおられるのではないかと心配していたのですが、もしかしたら、意外とライブも少なめかも・・・と最近思ったりしています。ライブという言葉に世の中は敏感になっているし、コロナはまだ終息したわけではないので、ライブに行きたいけどまだ怖いと思う方も当然おられると思います。3蜜に注意してテーブルの配置を変えたり、バンドの方やお客様へのお願い事項も用意していますが、もはや何をどうすることが正しいのか?私達にもよくわからず、手探り状態です。
いよいよ今週末から、あまり盛り上がってはいけない😅💦今までにない奇妙なライブの幕開けです!

2020年5月29日金曜日

6月から通常営業、ライブは13日(土)から再開致します‼️

 「やっと開いた!ファイブ閉めたら行くとこなくなんねんから、なるべく閉めんとってや〜ー」
ひと月ぶりに開けた店に、常連さんやバンドさんが「再開おめでとう!」とお祝いのように駆けつけて下さいました。
ハートフル・ファンクス❣️
ライブしないのにお客さんが来て下さるか、不安でならなかったけど、こんな時こそ、来て下さった皆さんとゆっくりお話が出来て、とても楽しかったです!今までそうだったからそうしてきたことを、コロナのせいで、今まで通り出来なくなり、変えなくてはならなくなってしまった。でも今までと違うことをすることによって、新しい発見もある、これぞ『ピンチはチャンス』なんかな、って思うこの頃です。
 さて、大阪府からもやっと自粛全面解除が発表され、ニューサンも6月から通常営業に戻せそうです。とはいえ、ソーシャルディスタンスは常に考慮しなければならないし、コロナとの共存を意識してしばらくは営業致します。
おさむちゃんっで〜す❣️
営業日は月曜から土曜まで、営業時間は17時半から23時まで(22時半ラストオーダー)に戻ります。6月12日(金)までは、スケジュール調整の為、レストランバーのみの営業です。お待たせしておりましたライブは、13日(土)のニューオリンズラスカルズから再開致します。日曜の昼下がりは、ただいま検討中ですので、決まり次第スケジュールにアップします。
鈴木さん、理絵ちゃん、けんさん❣️
このレストラン期間中、「ライブはまだ?」と聞かれるお客さんもいらっしゃいましたが、「ライブもいいけど、ゆっくり話ができるレストランバーだけの日があってもいいですね」という声もたくさんありました。そこでスケジュールもソーシャルディスタンスしまして、月曜日と金曜日はノーライブに致しました。ですので、今後ライブは、火曜、水曜、木曜、土曜になります。ライブ内容も多少変わって参りますが、近々ホームページにアップ致しますのでご覧になって下さい。それからライブですが、ソーシャルディスタンスのため、収容人数の50%以下しかご入場頂けません。なので、お早めにご予約頂く方が、確実にお席の確保ができると思います。コロナとの共存営業には、私たちも戸惑っており、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、どうぞご理解のほど、そしてご協力をお願い致したいと思っております。今後とも、ニューサントリー5をどうぞよろしくお願い致します!

2020年5月14日木曜日

ニューサントリー5は、レストラン営業で再開いたします❗️

 吉村知事の自粛規制緩和に伴い、ニューサントリ−5も今月18日(月)からレストランとして営業を再開いたします。営業時間は、16時から22時までです。
ベールに包まれたレジ 
営業をするにあたって、お客様の安全を守るための対策をさせて頂きますので、ご協力お願い致します。休業中にスタッフが徹底的に清掃し、再びお客様が気持ちよくお越し頂けるよう準備を致しました。エントランスにアルコール消毒液を設置し、多くの人が触れる場所につきましては、こまめに消毒を致します。換気のため、窓は開放しておりますし、またお客様が密集しないよう、お座席の間隔を調整させて頂きます。アルコール消毒液は、各テーブルに一つずつ、カウンターにもたくさん常備しておりますので、ご自由にお使い下さい。尚、発熱や咳などの症状のある方は、ご来店をお控え頂きますようお願い致します。
各テーブルに消毒液
非常に残念ですが、しばらくライブは出来そうにありませんので、オープン当時のニューサンのように、ジャズレコードやCDをかけさせて頂きます。前にも書きましたが、ガラード500のターンテーブルと、アルテックのボイスオブシアターのスピーカーから流れてくる、“音”にこだわった素敵な音楽の流れる中、お食事をお楽しみ頂きたいと思っています。お気に入りのレコードやCDをご持参頂いたら、かけさせて頂きますよ!なんだか、昭和でレトロな雰囲気になりそうです(*^_^*)
スタッフ一同、お待ちしていま〜す!
そしてこれはミュージシャンの方にお知らせです。店の営業開店前、14時頃から16時までの間で(応相談)、良かったら無観客のライブ配信に使って頂いてはどうかと考えております。ただしソーシャルディスタンスを考慮して、お二人までのメンバー構成でお願いしたいと思います。エンタメ関係の方は、まだしばらく自粛が緩和されることがないようですが、ライブ配信により少しでも収入を得ることが出来る方法があるようなので、力になりたく、場所を提供させて頂きたいと思います。ご希望の方がおられましたら、是非ご相談下さい。
 それでは、コロナの感染が拡大しませんよう、サッと来てサッと帰って頂いても、或いはテイクアウトだけでも結構ですので、久しぶりに出来るだけたくさんの皆さんの元気なお顔を拝見できますことを、スタッフ一同、首を長〜くして楽しみに待っております!

2020年5月6日水曜日

ニューサンは、吉村知事の『大阪モデル』を支持します❗️

 全国自粛要請が出てから3週間。ついに5月6日がやってきましたが、やはり月末まで延長されたのは想定内でした。もしそうなったら、レストラン営業で再開しようと思っていましたが、これだけテレビで毎日「ステイホーム!」と言われ、デパートもうめ地下も全て休業し、地下鉄の入り口に「不要不急の外出はお控え下さい!」と大きな張り紙が出されたら、誰も梅田に出て来ないでしょう。
初めて訪れた大阪城から見た、青空に映えるビル街
政府の、時短で営業してもいいけど、人々に「出かけるな、ステイホーム」というこの矛盾を、どう解釈すればいいのか?そこが解決しないと、見通しがつかない状態でした。
 今回、吉村知事が『大阪モデル』を作り発表されましたが、『商人の街・大阪』の経済を、何がなんでも救おうとする、その心意気にとても感動しました!感染者の命を救うことも大事だし、経済破綻で失われる命も大事、どちらも同じだけ大事だという知事の言葉には、涙が出ました。『大阪モデル』によって、ようやくトンネルの先の出口の薄明かりが見えてきたように思います。
ちゃんと一人で行きました
マスターが、この休みの間、何度もライブをしたいと言ってました。「まさかこんなことになるなんて情けない」と元気がなく落胆しています。でもライブは、3密や飛沫、クラスターのことを考えると、まだまだ難しいと思います。事実、今回の大阪モデルにより規制緩和できるとしても、ライブはまだ無理だと吉村知事もおっしゃってました。これからこのコロナという病気としばらく共存して生きていかなくてはならないのかと思っていますが、アビガンという治療薬が出てきたり、韓国が今日から平常の生活に戻ったりしているのを見ると、「案外もう少ししたらもとに戻れるのかな?」という希望さえも持ってしまいます。
山川さんの『かんさい情報ネットten』に吉村知事出演
でもまあ、やはりワクチンが開発されるまでは、元の生活に戻るのは厳しいかと思われますが・・・。吉村知事も「僕らも全く先がわからない」と言っておられましたが、本当に出口はどこにあるのか?もう直ぐなのか?まだまだなのか?誰にもわかりません。でも、私は今できることをすることが、将来に繋がっていくと信じています。コロナと共存して行くとしても、運命を受け入れて、何か知恵を絞って、私の祖母がいつも言っていた「運命の流れに逆らわず、上手く乗りなさい」という言葉を胸に、諦めないで頑張っていきたいと思っています。