2018年6月11日月曜日

学生さんも大活躍!『K.G.Swing Charioteers』と『関学グリークラブ』

『 K.G.Swing Charioteers 』実歩ちゃん(右)
ニューサンのバイトスタッフ川口実歩ちゃんは関西学院大学の3回生。関学の歴史あるビッグバンド『K.G.Swing Charioteers』でトロンボーンを吹いてます。ちなみに、ラスカルズトロンボーンの福田さんはチャリオのOBで、実歩ちゃんの大先輩です。先日、大阪城野外音楽堂で《 大阪城ジャズフェスティバル2018 》があり、
実歩ちゃん❤︎ 
京大、甲南、同志社、立命、神大、阪大など関西の大学や、地元で活躍しているビッグバンドが多数出場しました。
これに『K.G.Swing Charioteers』も出演したので、お客さんの野間本さんと一緒に観に行って来ました。店では恥ずかしがり屋さんの実歩ちゃんが、スタンダードナンバー《 Just Friends 》のトロンボーンソロを偉そ〜うに吹いてましたー!(笑)白いマッシュルームみたいなベレー帽かぶって、めっちゃ可愛いかった❤️実歩ちゃん、かっこ良かったよ!見直したわ〜v(^0^)v

関学グリークラブ現役学生の熱唱♪
翌日のニューサン【 昼下がりライブ 】は、関西学院大学グリークラブ現役の学生さんが出演してくれました。関学グリークラブと言えば、歴史ある優れた男声合唱団です。ニューサンのマスターが関学グリークラブ出身ということで、初のライブが実現しました。先月私のライブに、部長の林君やベースパートリーダーで踊る(!)久保君、新潟出身のコンダクター石川君らが来てくれましたが、皆とっても感じのいい青年達でした。彼らを含む4人1組のメンバー2組が3ステージを交代で歌ったり、8人全員で合唱したり。レパートリーには、ニューオリンズジャズバンドでもよく演奏する《 Darkness on the Delta 》、フランクシナトラで有名な《 Come Fly with me 》、スタンダード《 I can't give you anything but love 》、そして中島みゆきの《 時代 》や加山雄三の《 君といつまでも 》《 ルパン3世のテーマ 》などなど.......、ジャズからポップスまで幅広いジャンルを、心地いい美しい男性ハーモニーで聴かせてくれました。
大先輩、関学グリーOBのマスターを囲んで!
女性のお客さんもうっとり。「あの子イケメンやわ〜」って、えーっ!そっち?!(笑)ライブの最後は、駆けつけて下さったグリーOBとマスターも参加して、関学の校歌《 空の翼 》を全員で合唱。マスターにもこんな頃があったんだな〜。。。
 『K.G.Swing Charioteers』と『関学グリークラブ』は、また秋の【 昼下がりライブ 】に出演してくれる予定です。今回見逃した方は、是非このフレッシュな学生達の活躍を今度はお見逃しなく!若返りますよ(笑)

2018年6月4日月曜日

6月/7月のジャズライブ&イベントのご案内

6月18日(月)【 Ton Ton 定期ライブ 】大阪 ニューサン ❶ 19:30 〜 ❷ 20:40 〜 ❸ 21:50 〜
多田恵美子(p) 山本久生(b) 中嶋俊夫(ds) 森朋子(vo)

6月23日(土)新潟三条市【富永草野病院ロビーコンサート】16:00 〜 17:00 
リバーサイドジャズバンド with TonTon(vo)
新潟ジャズストリート ~ぽるとカーブドッチにて~

6月24日(日)
【 Akiha Glass Factory Live 】 
     14:30 〜 17:00(開場:14:00)
リバーサイドジャズバンド with TonTon(vo)
会場:新潟市秋葉区『秋葉硝子FACTORY
入場料:前売り2,500円 当日:3,000円 
* 飲物、軽食 各500円〜(会場内にて販売)

新潟ジャズストリート 】 
リバーサイドジャズバンドwith TonTon(vo)
《7月14日(土)》
● 15:00 〜 17:00 ジョイア・ミーア
● 19:00 〜 21:00 ぽるとカーブドッチ
《7月15日(日)》
● 12:00 〜 14:00 ジョイア・ミーア

佐渡の旅館でのライブ♪
7月16日(祭) 13:00 〜 15:00
【 第2回 佐渡ジャズデー2018 at『能舞台』 】
出演者:リバーサイドジャズバンドwith       TonTon(vo)、長沢好宏(ts)、他
会場:新潟県佐渡ヶ島『能舞台』
入場料:前売り2,500円 当日:3,000円
* 今年は、新潟ジャズ界のドンで、プロのテナーサックス奏者、長沢好宏さんや、佐渡地元のジャズバンドも出演してくれます!

7月21日(土)大阪 ニューサントリー5 
  ❶ 19:30 〜 ❷ 20:40 〜 ❸ 21:50 〜
リバーサイドジャズバンド with TonTon(vo)

7月22日(日) NS5【 昼下がりのジャズライブ 】 リバーサイドジャズバンド+TonTon(vo)  
ショータイム❶ 14:00 〜 ❷ 15:00 〜 入場料:2,000円(ワンドリンク・おつまみ付)追加飲物:500円

7月30日(月)【 Ton Ton 定期ライブ 】大阪 ニューサン ❶ 19:30 〜 ❷ 20:40 〜 ❸ 21:50 〜
杉山悟史(p) 山本学(b) 冨永ちひろ(ds) 森朋子(vo)

2018年5月27日日曜日

Do-Live DORA ! 第二弾

 ジャズ祭りの次の日は、銅鑼で『Do - Live DORA!』がありました。1時から4時半まで、3組のバンドが交代で2ステージずつ演奏しました。まず最初の演奏は『ニューオリンズサウンド』。営業マンの鏡のように(笑)人当たりも良く、とても感じのいいクラリネットの河野義彦さん率いるバンドで、メンバーにトロンボーンの山田さんもいます。
笙子ママ、賛美歌を熱唱♪
河野さんもジョージルイススタイルで、《Only A Look》や《The Old Rugged Cross》など、リバーの風間さんと2クラリネットで演奏したり、讃美歌《 Abide With Me 》ではママが歌ったりと、セッションを交えて楽しい演奏を聴かせてくれました!
 次の演奏はリバーサイドジャズバンド。リバーのメンバーは、ほとんどが東京に住んでいるので、マンスリーでライブなんてことは難しい中、こうしてメンバー全員が集まることができる東京でいつも演奏する機会を作って下さる、新宿ジャズの『大将』永谷さんにはホント感謝です!新潟から来たメンバーも2日続けて演奏でき満足していました。というか、一番満足していたのは私かも!というのも、最後はプロのバンドで、白石 幸司(cl)、菅野淳史(tp)、板谷大(p)、田野重松(b)、ジョニー黒田(ds)、そしてこのスペシャルユニットのボーカルは私でした♫
板谷大(p) 田野重松(b) TonTon 白石 幸司(cl) 菅野淳史(tp)
白石さんと田野さんは、以前私は深澤芳美さん率いる《キャロライナシャウト》で随分ご一緒させて頂きました!白石さんは大阪梅田コマ劇場に仕事で来られる機会も多く、公演期間は何度もニューサンに遊びに来て下さいます。昨年の銅鑼でもご一緒させて頂いた菅野さんは、永谷さん一押しの若手トランペッター。板谷さんとジョニー黒田さんは何と北海道から来られていて、板谷さんはMitchとも共演しています。この素晴らしいメンバーで、私もトラッドからスタンダードまで幅広いジャンルを歌わせて頂きました。《Angel Eyes》での菅野さんのソロは、ものすごくジャジーで、まるでここは夜のホテルのラウンジ?というような、歌詞にぴったりな切なくも美しい演奏を聴かせてくれました。《Fine & Mellow》は、ロクデモナイ亭主をそれでも愛する女心を演奏してくれる、悲しくもいやらしいメンバーのソロがたまらなかった〜!(笑)この二日間、たくさんの素晴らしいミュージシャンに恵まれて、私はとーっても楽しいライブをすることができましたー(^0^)/🎶

2018年5月19日土曜日

新宿 春の楽しいジャズ祭り2018

都庁スイングビーツと。リハーサル?じゃないよ!
今年も新宿文化センターで、【新宿春の楽しいジャズ祭り】が開催されました。全館借り切って、たくさんのジャズバンドがあちこちの会場で演奏します。私のまず最初のステージは『石田フレンズ』。今年3月に亡くなられたリーダーでバンジョーの石田亘さんの追悼ライブに私も参加させて頂きました。ガンを患われていた石田さんの希望により、ニューサンで一昨年4月と、更に昨年12月の2回、『昼下がりのジャズライブ』をすることができました!そんなご縁もあって、石田バンドで2曲ほど歌わせて頂きましたが、一番後ろの隅に立ってらした奥様が、涙を拭いながら聞いていらっしゃるお姿には、私も涙をそそりました。ご冥福をお祈り申し上げます。
マリアエヴァちゃんとデュエット(^^)
この日は朝から喉が痛くて、お昼に東京に着いた頃には、鼻水ダラダラ、おまけに熱っぽくなってきて風邪引きでの参加となりました。それでも、『都庁スイングビーツ』との共演でマイクを握ると、鼻水も止まり何とか歌えましたが、後で聞いたら、鼻をすする音がマイクに入っていたとか・・・💦これから鼻をすする時は、マイクを離そう(ー_ー;)
 和室での私のボーカルライブのメンバーは、ピアノ大橋高志さん、ベース矢野伸行さん、ドラム細野賢さん。お馴染みのメンバーですが、特に関西出身の大橋さんとは、彼がツッコミ私がボケるという、まるで漫才コンビのようにトークも息ピッタリで、とても楽しいライブになりました。
福田さんのトロンボーンと一緒にゴスペルを歌う
おまけに、何と!私の大好きなフィリピン出身のボーカリスト、マリアエヴァちゃんがお客さんで聴きに来てくれて、とても嬉しかった!(❤︎0❤︎) ステージの後半には、彼女も1曲《Over The Rainbow》を歌ってくれて、最後の曲は二人で《Mack The Knife》を歌いました。すごくスリルがあって楽しかったよ!
 最後のステージは、『リバーサイドジャズバンド』。ここには、山田さんのトロンボーンに加え、ラスカルズのトロンボーン福田恒民さんが参加されて、最強のリバーサウンドをお届けできました!私の歌で《Precious Lord, Take My Hand》では、福田さんのピアニシモでのソロの音色がとても美しかったですよ〜。福田さんも、いつものラスカルズより楽しそうに演奏されているように見えたのは、私だけでしょうか?6(^^;;)

2018年5月9日水曜日

OSAKA ビッグリバージャズフェスティバル 2018

今年も、爽やかな初夏の風の中で、ビッグリバーは開催されました。と言いたいところだけど、実際は『爽やか』というより寒かった! 私は今年は司会のため、ずっと野外ステージの脇の日陰に座っていたので、特に寒かったです~_~;;
リバーサイドジャズバンド+TonTon(vo)
毎年司会のクリスとアシスタントをしているアナウンサー永倉由季さんにリードして頂いて、私はバンドのご紹介などさせて頂きました。たくさんの方に、「トントン、今年は司会も歌も両方やって大変やね〜。頑張ってね!」と声をかけて頂き、とても励みになりました〜。ありがとうございました!
 今年もODJCマーチングバンドの演奏から始まり、地元大阪のニューオリンズジャズバンドや、広島からHIROSHIMAホットキャッツ、東京から早稲田大学ニューオリンズジャズクラブ、新潟からリバーサイドジャズバンドが出場したわけですが、今年初めてステージに板付で全部のバンドを聴かせて頂きました。
司会の由季ちゃん(右)と
特に印象に残ったのは、現役早稲田ニューオリンズジャズバンドのベース女子で、3回生の浅野みくるちゃん。大学に入ってからベースをやり始めたということで、まだ3年なのに《Dippermouth Blues》など、曲の最初から最後までスラッピングで弾く彼女はカッコよかったよ〜!スラッピングと言えば、同じ早稲田ニューオリの大先輩、小林真人さんや、リバーでもお馴染み伊藤譲一くんもカッコいいんだけど、彼女もやはり「お二人とも大憧れの先輩方です!!」って言ってました〜v(^^)v。ビッグリバーは11時から5時までという長丁場ですが、最初から最後までお客さんも聴いて踊ってとても楽しそうでした(^o^)♪
早稲田ニューオリ創立者 河合 良一(cl)
昨年に引き続き、新潟からリバーサイドジャズバンドも出場しましたが、正式メンバーが揃わない中、早稲田OBのピアノ遠藤くんが休みを利用して東京から駆けつけてくれたので、とても有り難かったです。ジャズボートでのレッドビーンズの演奏も、ピアノに遠藤くんが入ってくれたので、私も余裕で楽しめました!今年の大川のジャズボートは、銀橋、天満橋を越えて、北浜、さらに中之島まで、普通やったら往復40分のところ、50分も遊覧してくれて、お天気もいいし、すごく気持ちよかったですよ。新潟も信濃川という大きな川があって、大阪同様『水の都』ですが、大阪みたいに都会の真ん中を船でゆらゆら揺られながら観光するのもいいですね。

2018年4月23日月曜日

NEW ORLEANS JAZZ at CHURCH 2018 〜Spring Concert〜

2018年春の島之内教会でのニューオリンズジャズコンサートは、少し花冷えの寒さでした。そのせいか、少し空席が目立ちましたが、5月の連休からまたジャズイベントがたくさんあるので、今はちょっとお客さんも充電期間かな?
私、しゃべってます(笑)
今回の教会でのコンサートは、いつも司会してくれるクリスが不在の為、私が初めての司会を務めさせて頂きました。クリスは、大阪のミュージシャンやお客さんを連れて、ニューオリンズの【フレンチ・クオーター・フェスティバル】に行ったのですが、Facebookからの情報に寄りますと、向こうは嵐のようなお天気で、中止になったそうな、、、それで仕方がないので、みんなで部屋飲みしているらしいですよ〜(^^;;) すっごい可哀想だね、ニューオリンズまで行って・・・。
今回のゲストは、東京から『ハイタイムローラーズ』が出演してくれました。ハイタイムは、1999年に早稲田ニューオリンズジャズクラブOB(ラスカルズの河合さんの後輩)を中心に結成されました。
ハイタイムローラーズ
メンバーは、曽我清隆(tp/vo)、タイロン安在(cl)、芳村武郎(tb)、佐藤絵理子(p)、五味伯文(bj)、根岸潤一郎(b)、ケニー須崎(ds)の7人編成。トラッドなニューオリンズジャズをベースに、彼ら独自のアレンジでブルージーに、時にはファンキーに聴かせてくれる、とてもアマチュアとは思えない、個性的かつ技術力のあるバンドです。リーダーでトランペットの曽我さんは歌も上手で、お客さんを巻き込んで会場を盛り上げてくれるエンターテイナーですよ!彼らは前日から大阪に来ていて、土曜日のラスカルズのライブでも演奏してくれました。私も2日間ずっと聴かせてもらいましたが、しっかりしたリズムと、耳馴染みの曲でも、彼ら流のちょっと手を加えたアレンジが新鮮で面白くて、すごく楽しかったです!ハイタイムは、また7月7日(土)にニューサンでライブをします。翌日、日曜の昼下がりライブもありますので、是非聴きに来て下さいね〜(^.^)
 私の初めての司会はと言いますと・・・とても勉強になりました〜。歌の合間のMCとはまた全然違って、時間通りに進行するところは一緒だけど、メンバーの名前やバンド紹介など、限られた時間内で速やかに正確に滑舌よくお客様にお伝えしなければなりません。5月のビッグリバーも頑張りますので、是非見に来て下さい!(笑)

2018年4月7日土曜日

4月/5月のジャズイベント&ライブのお知らせ

【 NEW ORLEANS JAZZ at CHURCH 2018 〜 Spring Concert 〜 】
4月15日(日) 14:00 〜 17:30  場所:島之内教会 予約・前売 ¥2,000  当日 ¥2,500
 ☆今回のチャーチのゲストは、東京からハイタイムローラーズ。ラスカルズのリーダー河合さんの後輩で、早稲田ニューオリンズジャズOBのメンバーです。アマチュアといえども腕前はプロ並みで、彼ら独自のニューオリンズサウンドを聴かせてくれます。そして、いつもの司会クリスがニューオリンズに行き不在なので、代わりに私が司会を務めることになりました!もちろん歌も歌いますが、司会デビューなので緊張です(^^;;)

大川の桜並木(天満橋より)
【 TonTon 定期ライブ 】
4月16日(月) ニューサントリー5 ❶19:30〜 ❷20:40〜 ❸21:50〜
多田 恵美子(p) 山本 久生(b) 中嶋 俊夫(ds)

【 OSAKA BIG RIVER JAZZ FESTIVAL 2018 】
5月5日(土) 11:00 〜 17:00 (無料) 
会場:OAPタワー1階 大川側特設スペース
JAZZ BOAT ひまわり(¥2,700 1ドリンク付)
第3便 15:30 〜
 ニューオリンズレッドビーンズ+TonTon
 ☆司会のクリスは別の仕事のため、この日も私が司会を務めますo(^^)o

【 第14回 新宿 春の楽しいジャズ祭り
5月12日(土) 11:00 〜 20:30  会場:新宿文化センター全館(館内14会場)
   チケット:前売券¥3,000 当日券¥3,500 *高校生以下無料 *新宿区民割引有り
◉ 13:30 〜 14:10 大ホール 都庁スイングビーツ ゲスト:TONTON(Vo)
◉ 14:15 〜 14:55 COZY CORNER(4階和室) TONTON(Vo) 大橋高志(p) 矢野伸行(b) 細野賢(ds)
◉ 15:45 〜 16:25 DIXIELAND HALL(4階第1会議室) リバーサイドジャズバンド with TONTON

Do-Live DORA 】 
5月13日(日) 13:00 〜 16:30  会場:銅羅(入場無料)
◉     菅野淳史(tp) 白石 幸司(cl) 板谷大(p) ジョニー黒田(ds) 田野重松(b) TonTon(vo)
◉     リバーサイドジャズバンド+TonTon(vo)

【 TonTon 定期ライブ 】
5月21日(月) ニューサントリー5 ❶19:30〜 ❷20:40〜 ❸21:50〜
杉山 悟史(p) 荒玉 哲郎(b) 永田 充康(ds)