2020年9月10日木曜日

50周年祭は、今までお世話になった皆さまへの感謝でいっぱい!Part2

 4日目は、若江 敏樹トリオと矢萩典代さん。ピアノの若江さんは神戸大学、河村さんは甲南大学時代からピアノを弾きに来てくれているから、かれこれ40年以上はニューサンで演奏してくれています。
アベノマスクがお気に入りマスターとレディース Part2
現役の頃、若江さんは戸田建設、河村さんはアパレル業界に勤めていて、若い時めちゃカッコよかったんですよ〜!矢萩さんは、若江さんの大学の後輩ですが、30周年の大ママが作ったCDに登場してるから、彼女も20年以上になります。皆さん、知らないうちにもうそんなに!です(^^;;)
 この日は、毎年恒例ニューサン福引き大会もしました。いつもは先着70名様で足りないくらいですが、今年は先着50名様で余りました。空くじなしで、缶ビールや日本酒、カツサンド券など結構皆さん喜んで下さったので、2日間くらいやれば良かったな・・・。
パロディ?ラスカルズ、マスクをしての演奏です。
周年最終日は、ニューサンといえばこのバンド、ニューオリンズラスカルズでした。マスターはリーダーの河合さんに「ラスカルズのお陰で店は続けて来られた」と言い、河合さんはマスターに「ニューサンのお陰でラスカルズは続けて来られた」と言います。一つのお店で50年間続けてこられたことはどちらにとっても奇跡だし、まさに二人三脚でここまでやって来たのだと思います。ラスカルズは、平均年齢80歳くらいだけど、どんなに若くて人気があるバンドでも、未だにラスカルズ以上の集客ができるバンドはありません。今回の周年祭もラスカルズの日は、あっという間に満席になりました。高齢のお客さんが多いバンドですが、コロナの心配はしないのか聞いたら、「私らの年になったら、家にじっとしていても体力気力がなくなってはよ死ぬわ。それやったら、好きな音楽聴いて、好きな仲間と週一回楽しむ方がええねん」と言われました。
今後とも、どうぞよろしゅうお頼もうします!
大先輩に、むしろ私の方が元気をもらいました♡
 周年祭後半は、フラット5、若江さん、河村さん、ラスカルズなど、創業以来のお世話になったバンドを中心にやって来ましたが、6日目の最終日、日曜の昼下がりは、まさにこれから51周年を歩き始めたニューサンを盛り上げてくれる若いミュージシャンのライブで幕を閉じました。ライブハウスはたくさんあるけど、ニューオリンズジャズを中心にやっているのがニューサンの特徴です。ラスカルズが長年かけて、ジャズの根源であるニューオリンズジャズの素晴らしさ、かっこよさを伝え続けて来てくれたからこそ、この音楽は絶やしてはいけないと思っています。かっこいいニューオリンズジャズを演奏するMitchや素晴らしいミュージシャン達と共に、ニューサンは歩んで行きます。

2020年9月8日火曜日

50周年祭は、今までお世話になった皆さまへの感謝でいっぱい!Part1

 コロナ渦の中、無事ニューサントリー5の50周年祭を終えることが出来ました。このブログを通して、まずはお礼のご挨拶をさせて頂きたいと思います。
サントリーの杏梨ちゃん
こんなご時世の中、お越し下さったたくさんのお客様やバンドの皆さまには心から感謝しています。また、周年祭のイベントやCDの制作にご協力下さった中谷さんや鈴木さん、北浦さんにも感謝!本当にありがとうございました!そしてお疲れ様でした!
 今回は、ソーシャルディスタンスを取るために、ご入場の制限をさせて頂きました。その為、当日来てくださった方でも、本当に心苦しかったのですが、やむなくお断りした事もありました。せっかくお祝いに駆けつけて下さったのに、本当に申し訳ありませんでした。でも、相席を嫌がる方もおられましたので、仕方がなかったと思います。その旨ご理解頂けたらとても有り難いです。
マスター&ママ、NS5レディースがお待ちしてます!
周年祭はたくさんの花に囲まれて始まりました。囲まれてというか埋もれての方が合ってるかも..... (^^;;) 毎日、店の内外の花の出し入れと水やりから始まり、まるでお花屋さんの様でした。今回の周年祭は、入場制限をして5日間にしたので、毎年やる1日だけの周年祭よりは比較的体力的には楽でした。初日はハートフルファンクス。この日に来られるお客さんは、ハートフルのファンのお客さんばかりですが、バンドもお客さんもめっちゃ気さくで、私らスタッフともとっても仲良しです。豪華なお祝いのお花と、そしてライブで盛り上げてくれました〜!2日目は小田知代トリオに谷口知巳さん(tb)&青木まきほさん(vo)、そしてマホガニーホールストンパーズの有志たちで、スイング&ニューオリンズジャズをお送りしました。こちらも谷口ご夫妻&マホガニーの皆さんからお花を頂きました!
ニューサンの50年間を映写機で振り返りました!
出演してくれるだけで充分なのに、ありがとうございました!3日目は、地味なイベント《映写機で観るニューサン昭和の軌跡》をやりました。「オレ最近滑舌悪いからトントン喋って」と言われていたのですが、「ニューサン誕生の頃なんて、私生まれてへんことはないけど💦マスターが写真の説明をしてよ!」と譲り合って?いました。結局当日、本人はご機嫌で面白おかしく写真の説明をし、ニューサンの軌跡を懐かしく想い出してました。この日は開店当時から続いてるバンド、“フラット5”の原田紀子さん(vo)&中山聖さん(cor)、そしてオープン当時フラット5のメンバーであったクラリネットの福家菊雄さんも、わざわざ東京から駆けつけて下さって、往年のフラット5を彷彿とさせる演奏を聴かせてくれました。フラット5の皆さんの昔の写真も出て来て大いに盛り上がり、「原田さん、若〜!」の言葉に、原田さん「当たり前やないの!」(笑)地味な企画ながらにして、まあまあオモロかったので、やって良かったです(^0^)/。

2020年8月19日水曜日

ニューサントリー5 50周年祭のお知らせ

 いよいよ来週8月25日にニューサンは50周年を迎えます。本当ならば、盛大に周年祭をやるつもりでしたが、今年は新型コロナウイルスという驚異の感染病が猛威を振るい、周年祭どころか、それをすることさえ、良くないのでは?と悩まされてきました。
大ママがお気に入りだったレッドカーペット
今、感染者が増加する中、延期しようかとも考えましたが、コロナがいつ収束するか?それにコロナの影響でこの先お店もどうなるかわからないし、マスターが少しでも元気なうちにやりたいし、、、と考え抜いた末、やはり周年祭はやることにしました。ただし、できるだけ地味に・・・。
 日程は、密を避けるために、8月25日(火)〜29日(土)までの5日間で、40名様の予約制とさせて頂きます。ちなみに、29日(土)は、既に満席となっております。今年は50周年なので、期間中ボトル50%割引で、中でもサントリーボトルを購入して頂いたお客様には、サントリーから福引&景品があります。マンスリーで出演して頂いているバンドから1曲ずつ提供して頂いて記念CDも作りました。27日(木)と29日(土)は、映写機で観る、『昭和を駆け抜けたニューサントリー5』を、マスターの解説のもと、15分程度やります。通常通り5時半オープン、演奏は7時半開演で、10時頃終演とし、出来るだけ短い時間で終えるように致します。30日(日)は、『これからのニューサントリー5を支える仲間たち』の昼下がりジャズライブをやります。Mitchを中心に、若いニューオリンズジャズメンバーで、チケットは3千円。こちらも40名様の予約制です。
記念CDの予告です。見えるかな?
 アルコール消毒、検温、マスク着用、そして窓を開放しての換気など、出来る限りの対策は致します。こんな時代なので、「どうぞお越し下さい」とは申し上げられませんが、告知だけでもさせて頂きました。今年は完全予約制ではありますが、当日お越し頂いても、お席に余裕がある場合はご入場頂けますが、もしお越し下さる際は、たとえギリギリでも、お電話やメールでご確認頂くよう、お願い申し上げます。
 50年間、大変お世話になりました。こんなに長く続けて来られたのは、お客様やバンドの皆様などたくさんの方が支えて下さったからだと心から感謝しています。コロナの影響で、こういった形での50周年祭になってしまいましたが、いつか、「あの時、50周年祭をやって良かった」と思えるような、心に刻まれる周年祭にしたいと思っております。そして50周年が最後にならないよう、これからもニューサントリー5を出来る限り続けて行くために努力して参りますので、ご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します。

2020年8月10日月曜日

日本語ジャズライブ『青木美香子とスイートメモリーズ』

 コロナ感染者が増える中、最近は『昼下がり』を毎週やるようになったことは前回で申し上げましたが、今まで夜に出演して下さっていたバンドさんが、昼下がりにも出演される機会も多くなりました。
オシャレな美香子さん
マホガニー、レッドビーンズ、4T'sなどニューオリンズジャズバンドや、去年から毎月出演して頂いている『青木美香子とスイートメモリーズ』も昼下がりに7月初登場でした!
 スイートメモリーズのメンバーは、青木美香子さん(vo)、おーたかずおさん(p)、井出信さん(b)、Kantaさん(ds)、そしてご主人の林幸治郎さん(mc)。様々なシーンでご活躍の青木さんと林さんはご夫婦共に、いつもファッショナブルで、毎回お衣装でも魅せてくださいます。この日は、夏らしくブルーのお着物でした!まるで童話の絵本から飛び出して来たお姫様みたいな美香子さんはいつも美しく、にこやかで、本当に歌うことが大好きなとても素敵な女性です。
おーたかずお(p),青木美香子(vo),井出信(b),Kanta(ds)
 美香子さんは、ジャズ、歌謡曲、ミュージカルなど様々なジャンルを美しい声で歌ってくれます。この日は《Star Dust》から始まりまして、《大阪しぐれ》《恋に落ちて》の英語版、《Sentimental Journey》、堺正章の《街の灯り》などなど。難しいゴッドファーザー《愛のテーマ》やミュージカルナンバーで《スワニー》なども、よくこれだけたくさんのジャンルを歌いこなせるなと、これはもう歌が好きで好きでたまらない証拠なのだと思います!特に面白かったのは、ルパン三世のテーマ。これは、おーたかずおさんのトリオの演奏がすごくカッコ良かった!
ご主人の林幸治郎さんと

 おーたさんのトリオも、いつも聞き応えのある素晴らしい演奏を聴かせてくれます。この日は、おーたさんのアレンジで《慕情》も演奏されました。幅広いジャンルの美香子さんの歌にも寄り添い、時には盛り上げ、おーたさんの歌や歌手への思いやりがとても感じられます。また、お客様へのご挨拶や曲の合間にMCとして林さんが登場され、美香子さんとお喋りされるのですが、それも夫婦漫才みたいで面白い!さすが大阪のちんどん屋である林さんは、曲の紹介や身の回りの小話などとても面白おかしく話して下さいます。美香子さんは、林さんに敬語を使ってお喋りされるのですが、お家でもそうなのかな?今度聞いてみよう。最後の曲はレゲエで、《ALOHA WAY》でした。やっぱり夏はボサノバやレゲエが楽しげでいいね!
 次の『青木美香子とスイートメモリーズ』のライブは、8月16日(日)の昼下がりです。皆さん、お盆休み中だと思いますが、お時間のある方はぜひ日曜の昼下がりに、ファイブに立ち寄ってみて下さい!

2020年7月20日月曜日

昼下がりのミッチオールスターズwith木村充揮(憂歌団)

 ステイホームが明けてからも、夜の営業はコロナの影響でお客さんが少ないので、最近は毎週『昼下がりライブ』もやって頑張ってます。昼下がりは昼営業だし時間も短いので、割と気軽に来て下さいます。
Mitch、香西かおりさん、木村充揮さん
本日の昼下がりライブは、“ミッチオールスターズ”とスペシャルゲスト憂歌団の木村充揮さんでした。ステイホームが明けて間もない頃、大阪ミナミにあるお店“ぶんちゃっ”のオーナー山本さんから、このメンバーで昼下がりライブをしたいとご依頼を受けました。当時はようやくコロナが落ち着いた頃だったし、ライブもひと月後ということもあって、7月はきっとコロナもまだ鎮まっていると思っていました。それがまさか、もはや第2波の兆し!とは思ってもいませんでした。それでもアルコール消毒、検温、マスク着用、店内は窓を開け放し、クーラーをつけながらダイソンの扇風機を4箇所で回し、とにかく空気が滞らないよう、寒いくらい空気を回しながらの中、ライブをしました。
富永寛之(g)光岡尚紀(b)永田充康(ds)
メンバーは、Mitch(tp)、富永寛之(g)、光岡尚紀(b)、永田充康(ds)、そしてスペシャルゲストに木村充揮さん(g&vo)、さらなる大物ゲストは香西かおりさん(vo)。香西さんはゲストというより、Mitchとお友達なので、遊びに来られました。企画後すぐにチケット完売、ニューサンで宣伝する間も無く、“ぶんちゃっ”さんのお客さんだけで売れてしまいました!ミッチオールスターズの《Groly Land》《St. James Infirmary》などの演奏後、《St. Louis Blues》で木村充揮さん登場。この日は、ほとんどが木村さんのファンというだけあって、木村さん登場と共に大拍手。
木村さん&香西さんのデュエット
《It's only a paper moon》《Georgia on my mind》《All of me》などスタンダードジャズはもちろん、何と言っても木村さんといえばブルースが最高に楽しく、また心に響きました。彼の人なつっこい笑顔と茶目っ気たっぷりのジョークが、彼の歌うブルースを更に盛り上げ、『天王寺というブルース』とか『ゆめは夜開く』とか他にもたくさん、何を歌っても木村ワールドに引き込む不思議な魅力を持った方です。山本さんが「彼のファンは、彼を命がけで好きなんです!」とおっしゃってたけど、なんかわかる気がする。最後にアンコールで、遊びに来られてた香西かおりさんと木村さんのデュエットは、大阪を代表する演歌歌手とブルース歌手の貴重なコラボ。それが何とニューサンで聴けました!酔っ払って歌い続ける木村さんは、マスターの心配をよそに、4時を大幅に過ぎても歌い続けたのでした....  (^^;)。

2020年7月6日月曜日

みんなで楽しむ50周年祭企画

 お店でライブを復活してから、はやひと月が過ぎました。やはり世の中はコロナの心配もあり、こちらがクラスターを心配するほどのお客さまは、まだご来店頂いていません。それでも最近は、「今日初めて外で飲むぞ〜」とおっしゃる方も少しずつ増えて来たような気もします。
レストラン営業でのピアノソロ小田知代さん
 7月に入り、いよいよ来月周年祭の月を迎えます。こんな世の中になる前は、50周年はどこかコンサート会場を借りて、あるいはホテルなどで東京からもゲストも呼んで盛大なパーティーをしようか!なんて言ってる頃もありました。今はそれどころか、周年祭ができればいいというナント謙虚な気持ちになったことか・・・。ということで、今後自粛と言われようが、県をまたぐなと言われようが大丈夫、お店で地味にやることにしました。それでも何か想いでに残る楽しいことをしたくて、映写機を使って、皆さんと共に歩んだニューサンの過去を振り返ろうと思いました。
よく結婚式で、新郎新婦が自分たちの過去を映写機でさらけ出す、アレですわ。
名付けて《映写機で観るニューサン50年の軌跡
福田さん(tb)復帰、木村王子(ds)、来週は木村 陽一(ds)
今マスターが一生懸命過去のアルバムを見ながら「わぁ〜、懐かしいな〜」と、既に楽しみながら写真を探しています。50年前の写真はほとんどモノクロで、5周年なんて、ヌードダンサーが踊っている写真が見つかりました。見たいでしょ!見に来てください(笑)今ヌードダンサー呼んだら、ヤバイよね(笑)それから今日に至るまで、ニューサンのお客さんと撮った写真や、若かったバンドの皆さんやら秘蔵写真を、マスターが解説しながら20分〜30分くらいの時間、店内を暗くして観ます。
 それから恒例の福引遊びもやります。
店内は少なめです。
今回はラスカルズの河合良一賞(交渉したのですが、残念ながらダイヤモンドは出してくれません)や、サントリーボトルを購入して下さったお客様に限り、サントリーからの福引があったり、他にも50周年Tシャツ、新潟の日本酒1升、ウイスキーボトル、ワインボトル、新潟産枝豆、ピザ券、カツサンド券.....などなど、しょうもないもんから豪華商品までご用意しておりますので、乞うご期待!これらのイベントは、8月26日(水)〜28日(金)のいずれかでやります。30日(日)は、周年祭特別企画としてMitchを中心に《昼下がり50周年祭スペシャル》をやります。メンバー、内容など詳細はまだ未定。どちらも、もう少しお待ち下さい。 
 最近またコロナ感染者が増えているようで、本当に周年祭は出来るのか?まだわかりませんが、とにかく周年祭に向けての準備は進行していきます!

2020年6月29日月曜日

50周年祭やります‼️

 もうすぐニューサンの誕生月である8月がやって来ます。思えば、3月に読売情報ネット番組“ten”がニューサンの番組を取り上げて下さったのに、4月からコロナ感染拡大防止のため日本中ステイホームに入ったので、8月の周年祭なんて正直もう無理だろうなと思っていました。
1970年、ラスカルズも演奏出場した日本万国博覧会
そして6月に入り、父と8月のスケジュールを考えましたが、父は意外と力が抜けてしまったのか、「もうやらなくてもいい」とか言い出しました。でも昭和から令和までの激動の時代に、父がニューサントリー5を50年やってこれたのはすごい事だと思うし、区切りとして絶対周年祭はやるべきだと思いました。人生は一度きり、50周年も一度きりのお祝いです。もう2度とやって来ません。私はやらないで後悔するより、例えコロナのせいでお客さんが来られなくてもやるべきだと思っています。ニューサンに人生を捧げて来た父に、ひと段落、「お疲れ様!」と祝ってあげたいと思います。
 そこで、周年祭の日程が決まりましたので、父の気が変わる前にお知らせさせて下さい。8月25日のニューサン生誕の日から29日(土)までの5日間、【50周年アニバーサリーウィーク】とさせて頂きます。コロナの影響が今後どうなって行くのか?さっぱり検討もつかないので、大きなパーティーはしません。また突然『自粛』なんて事になっても困るので、あくまで店内で地味にやる事にしました。
万博から50年後、ニューサンのツートップ😆
恒例のボトル半額セールや福引遊び、Tシャツや記念CDも制作しています。映写機で『ニューサンの軌跡を振り返る』昭和の懐かしい写真をみんなで観よう!という企画もしています。ボトルセールはいよいよ半額なので、50周年で最後かも(^^;;) ソーシャルディスタンスや3密を考慮して、もしかしたら、全日予約制にさせて頂くかもしれません。それは、今後のコロナや政府の動きを見ながら考えていきます。
 1970年、万博の年にニューサントリー5が誕生してからの50年という月日は、まさに激動の50年でした。戦後バブル期を迎え、華やかで夢溢れる昭和を走り抜け、バブルが弾けて華やかだった時代が終わり、今度は携帯電話の普及に伴い、コンピューターの目まぐるしい発展・・・。今やコンピューターを使えないと仕事にならないので、私も必死で使ってますが、私は、たくさんの人で溢れ、互いに人々がちゃんとコミュニケーションを取り、元気で夢溢れる楽しかった昭和が一番好きでした。そんな時代をもう一度みんなで振り返って楽しめるような周年祭にしたいと思っています。