2021年1月24日日曜日

冬の新潟ジャズストリート2021

 今年初めてのブログを書きます。今年もどうぞよろしくお願い致します!

長沢好宏(ts)風間晶世(cl)宮尾益尚(ds)

Facebookでも紹介しましたが、今年初めてのジャズストリートが新潟でありました。この緊急事態宣言が出ている中で、中止にせずやることが、色んな意味ですごいとビックリしてました。当然お客さんは来ず、会場はガラガラだと思いきや・・・なんと同じ頃、新潟は大寒波が来て大雪が降って大変だったにも関わらず、会場の外で並んで待っている人がいらっしゃるのを見て、またもやビックリ!会場の中に入るとこれまたビックリ!結構たくさんのお客さんが入ってました。会場に入ると、石鹸で手洗い→アルコール消毒→検温をさせられました。会場が広かったので、密を感じることはなかったのですが、皆さん騒がず笑顔で一生懸命ステージを見ていました。「ああ、これならイベントやっても大丈夫やわ!」と一瞬にして思いました。実はこの時間帯は、我らのバンド、リバーサイドジャズバンドの出演時間だったのですが、12月に入って緊急事態宣言が出て、感染者の多い東京から県外への移動が出来なくなり、東京から来るメンバーが多いリバーはメンバーが揃わず、大変恐縮ですが、ドタキャンという事態になってしまいました。
大寒波ですごい積雪でした!

私もこんなご時世でジャズストリートに出演できるなんて、信じられない嬉しさと戸惑いがあり、夢ではないかと思っていたのですが、やはり夢に終わりました......(^^;;)リバーが出演するはずだった2時間という枠に、新潟の大御所サックスプレイヤー長沢好宏さん率いるカルテットが出演して下さることになったのですが、プログラムは既に刷られていたので、リバーのお客さんも来られるだろうと、新潟のメンバーで詫びに行きました。今回は私も客席で聴かせて頂いたのですが、新潟人のライブを聞く姿勢には驚きました。皆さん、きちんとマスクをして、静かに笑顔でうなずきながら一生懸命聴いていました。目がキラキラしている人も、泣いている人もおられました。この日を楽しみにして来たのだとおっしゃられてました。演奏が終わったら、黙って席を立って、静かに帰って行きました。盛り上がりには欠けるかもしれないけど、こんな感じなら、引きこもってばかりではなく、イベントもできるのではないかと、新潟人のマナーの良さというか、控えめさを見て、そう思いました。

2020年12月20日日曜日

細川 綾子さんの歌は、永遠です!

 私の大好きなジャズ歌手、細川 綾子さんがお亡くなりになりました。とても80歳を超えていたとは思えないほど美しく、お元気でいらっしゃったし、コロナが収束したら、またニューサンに出演して頂きたいと思っていたので、全く信じられませんでした。

妙高コンサート後、細川さんのお部屋で
細川さんとの出会いは、神戸ジャズストリートでした。父と一緒に細川さんの歌を初めて聞いた時、そののびやかで聴き心地の良い小節の効いた歌声、抜群のスイング感、選曲の好みが私と父を虜にしました。それ以来大ファンになった私は、機会があれば必ず細川さんのライブを聴きに行きました。私が新潟に住んでいた頃、2010年11月6日、細川さんがクラリネッティストの鈴木 直樹さんらと共に、新潟県妙高市にコンサートに来られたことがありました。その時も主人と観に行き、打ち上げも参加させて頂き、翌日、妙高高原赤倉観光ホテルまでドライブにご一緒したりして、とっても楽しい2日間を過ごしたのは大切な想い出です。神戸ジャズの縮小に伴い、細川さんが出場されなくなると聞いて、是非ニューサンでライブをして頂きたいとお願い致しました。それから細川さんが日本に来られる時のスケジュールに合わせて、2010年頃から2015年まで6回の出演をして下さいました。憧れの細川 綾子さんがニューサンに出演して下さることがどれだけ嬉しかったことか!

妙高高原赤倉観光ホテル前
ブログには、2013年10月から続いた秋と春の細川さんのライブのことを、2015年まで毎年書かせて頂いていますので、是非良かったら読んでみて下さい。細川さんのことを詳しく書いています。私も今読んでみると懐かしいです。最近の私のライブでは、細川さんの追悼として、彼女の大好きだった曲『These foolish things』を歌いました。「私この歌大好きなの〜」とおっしゃっていたのを想い出しながら.....。この曲は、ラスカルズのドラム木村さんが主催していた松下のイベントで、細川さんとトラペッターの故奥田章三さんが共演されて、とても素敵だったのが印象に残っています。そしてもう一曲は、『We'll meet again』。神戸ジャズストリートのテーマソングともなっており、秋満義孝さんのピアノと共にお客さんも全員でこの歌を合唱していました。「またいつ?どこで?お会いできるかわからないけれど、いつか晴れわたる日に必ずお会いしましょう」と 綾子さんがおっしゃられていました。もうあなたとはお会いできないけれど、あなたの笑顔と歌声は一生忘れません!細川 綾子さんのご冥福をお祈り致します。合掌。

2020年12月7日月曜日

ニューサンのバイトさんだった‘くるみちゃん’女優さんへ!

くるみちゃん(左)マスター(中央)

  今年の4月上旬、東京のクラリネッティスト白石 幸司さんから「NHKの朝ドラ『エール』にダンスホールの楽団として出演してるからよかったら見てね!」とメッセージを頂きました。
白石さんだけでなく、ギターリストの佐久間 和さんも一緒に出演されてました。『エール』をご覧になっていた人はおわかりになると思いますが、主人公 古山裕一がまだ結婚前、銀行に務めていた頃、あまりに真面目過ぎて、先輩銀行員にダンスホールに連れられて行くシーンで、白石さんや和ちゃんがジャズを演奏していました。

ヘップファイブの入り口

それがきっかけで私は『エール』にハマってしまい、毎朝欠かさず8時10分前に起きて朝ドラを見るのが習慣になり、先週『エール』が終わるのがとても悲しかった!でも反面これでやっと毎朝の行事から解放されると思いきや、今度は何と!4月頃までニューサンにバイトに来ていた“くるみちゃん”から、「NHKの朝ドラに出演することになりました!」とLINEが来て、「えー!それはすごいじゃないの!!」と、また引き続き、朝早く(私にとっては)に起きなければならなくなりました😅くるみちゃんは、関学の4年生の時にうちにバイトに来ました。笑顔が愛くるしくて、容姿性格共に可愛い女の子でした。両親ともに教授という厳格なお家に育ち、礼儀正しく、育ちの良さも感じられました。
女優志望だった彼女は、大阪で有名な芸能プロダクション『テアトルアカデミー』に厳しい審査の末合格し、東京と大阪を行ったり来たりと忙しい中、ニューサンでのバイトもこなしてくれていました。ヘップファイブの入り口のところに大きく写真が出たこともありました。
一番奥の向かって右から2番目が“くるみちゃん”

コロナ感染が広がって、事務所から自粛要請をされているので、しばらくバイトに来れないと言っていたのですが、この前テレビを見ていたら、関西電力の給湯器のコマーシャルでお風呂に入ってニコッと笑っているくるみちゃんを見つけ、「最近どうしてるのかな?」と、ちょうど連絡してみようかと思った矢先のくるみちゃんからのNHK出演の連絡で、もうびっくりでした!NHK連続テレビ小説『おちょやん』の芝居茶屋「福富」で働くお茶子『あやめ』役で登場します。藤本くるみちゃんの活躍を、どうぞよかったら見てあげて下さい。女優さんになる夢が叶うなんて素晴らしい❣️そして更に、ニューサンに出演して頂いている青木美香子さんは歌手で、ご主人の林幸治郎さんはちんどん屋で出演されます。今回の朝ドラは大阪が舞台になっているし、身近な人の活躍が見れるのがとても楽しみです😍

2020年10月22日木曜日

円広志さん、お久しぶりのご来店

 先月Mitchのライブの日に、円広志さんが久しぶりにお店に来られました。円さんは以前から時々お店に来て下さってましたが、ビッグバンドがお好きで、昼下がりもちょくちょく覗きに来てました。

毎朝、関西テレビで円さんの生番組『よ〜いどん』をやってますが、長年続いている番組で、毎日お元気で体調管理をされているのはすごいことだと感心致します。この日は、「ちょっとマスターにお願いがあって来てん!」ということで、円さんがやっているYou Tube 番組《246ムービー》に、ジャズボーカリストの原田紀子さんが出演されるのですが、その収録をニューサンでとのお話でした。そしてその収録は、昼間にニューサンで行われました。円さんがニューヨークに行かれた時に、素敵なジャズシンガーがエレピとデュオで歌っていたのが印象的でそれを再現したいとのことで、わざわざエレピを持ち込んでの撮影でした。

まずは円さんと原田さんのトークから始まり、その合間に原田さんの歌が披露されました。曲は円さんからのリクエストで《My Funny Valentine》。 この番組は、11月5日 (木)夜8時からYou Tube 番組《246ムービー》で配信されますので、是非ご覧になって下さいね!

 続いて、『あまから手帖』という長年続いている雑誌社からの取材もありました。ライブレストランの紹介で、まさにニューサンはぴったりな感じで選ばれて光栄です!50周年を迎えたニューサンについてマスターの話や、カツサンドとラスカルズの写真が掲載されます。

ついでに、私のカクテルを持つ“手”も載ります(笑)こちらは、11月23日(月)発売です。ぜひ、ニューサン50周年の記念に『あまから手帖』をご購入下さい!

 私のライブも、最近コロナでめっきりお客さんが減ってがっかりしているところに、最後のステージに吉本新喜劇の島田一の介さんと西川忠志さんが入って来られました!私は吉本新喜劇大ファンなので、すごく嬉しくて大興奮!緊張したけど、新喜劇の芸人さんは、裏表がなくてテレビのまんま、とても面白くて楽しくて逆に盛り上げてくれました!島田一の介さんに、「今はコロナでお客さん減ってるけど、必ずまたお客さん戻って来るからな!それまで、頑張ろうな!」ってハゲまして頂き、とてもハゲみになりました(^0^)/!笑笑

2020年9月10日木曜日

50周年祭は、今までお世話になった皆さまへの感謝でいっぱい!Part2

 4日目は、若江 敏樹トリオと矢萩典代さん。ピアノの若江さんは神戸大学、河村さんは甲南大学時代からピアノを弾きに来てくれているから、かれこれ40年以上はニューサンで演奏してくれています。
アベノマスクがお気に入りマスターとレディース Part2
現役の頃、若江さんは戸田建設、河村さんはアパレル業界に勤めていて、若い時めちゃカッコよかったんですよ〜!矢萩さんは、若江さんの大学の後輩ですが、30周年の大ママが作ったCDに登場してるから、彼女も20年以上になります。皆さん、知らないうちにもうそんなに!です(^^;;)
 この日は、毎年恒例ニューサン福引き大会もしました。いつもは先着70名様で足りないくらいですが、今年は先着50名様で余りました。空くじなしで、缶ビールや日本酒、カツサンド券など結構皆さん喜んで下さったので、2日間くらいやれば良かったな・・・。
パロディ?ラスカルズ、マスクをしての演奏です。
周年最終日は、ニューサンといえばこのバンド、ニューオリンズラスカルズでした。マスターはリーダーの河合さんに「ラスカルズのお陰で店は続けて来られた」と言い、河合さんはマスターに「ニューサンのお陰でラスカルズは続けて来られた」と言います。一つのお店で50年間続けてこられたことはどちらにとっても奇跡だし、まさに二人三脚でここまでやって来たのだと思います。ラスカルズは、平均年齢80歳くらいだけど、どんなに若くて人気があるバンドでも、未だにラスカルズ以上の集客ができるバンドはありません。今回の周年祭もラスカルズの日は、あっという間に満席になりました。高齢のお客さんが多いバンドですが、コロナの心配はしないのか聞いたら、「私らの年になったら、家にじっとしていても体力気力がなくなってはよ死ぬわ。それやったら、好きな音楽聴いて、好きな仲間と週一回楽しむ方がええねん」と言われました。
今後とも、どうぞよろしゅうお頼もうします!
大先輩に、むしろ私の方が元気をもらいました♡
 周年祭後半は、フラット5、若江さん、河村さん、ラスカルズなど、創業以来のお世話になったバンドを中心にやって来ましたが、6日目の最終日、日曜の昼下がりは、まさにこれから51周年を歩き始めたニューサンを盛り上げてくれる若いミュージシャンのライブで幕を閉じました。ライブハウスはたくさんあるけど、ニューオリンズジャズを中心にやっているのがニューサンの特徴です。ラスカルズが長年かけて、ジャズの根源であるニューオリンズジャズの素晴らしさ、かっこよさを伝え続けて来てくれたからこそ、この音楽は絶やしてはいけないと思っています。かっこいいニューオリンズジャズを演奏するMitchや素晴らしいミュージシャン達と共に、ニューサンは歩んで行きます。

2020年9月8日火曜日

50周年祭は、今までお世話になった皆さまへの感謝でいっぱい!Part1

 コロナ渦の中、無事ニューサントリー5の50周年祭を終えることが出来ました。このブログを通して、まずはお礼のご挨拶をさせて頂きたいと思います。
サントリーの杏梨ちゃん
こんなご時世の中、お越し下さったたくさんのお客様やバンドの皆さまには心から感謝しています。また、周年祭のイベントやCDの制作にご協力下さった中谷さんや鈴木さん、北浦さんにも感謝!本当にありがとうございました!そしてお疲れ様でした!
 今回は、ソーシャルディスタンスを取るために、ご入場の制限をさせて頂きました。その為、当日来てくださった方でも、本当に心苦しかったのですが、やむなくお断りした事もありました。せっかくお祝いに駆けつけて下さったのに、本当に申し訳ありませんでした。でも、相席を嫌がる方もおられましたので、仕方がなかったと思います。その旨ご理解頂けたらとても有り難いです。
マスター&ママ、NS5レディースがお待ちしてます!
周年祭はたくさんの花に囲まれて始まりました。囲まれてというか埋もれての方が合ってるかも..... (^^;;) 毎日、店の内外の花の出し入れと水やりから始まり、まるでお花屋さんの様でした。今回の周年祭は、入場制限をして5日間にしたので、毎年やる1日だけの周年祭よりは比較的体力的には楽でした。初日はハートフルファンクス。この日に来られるお客さんは、ハートフルのファンのお客さんばかりですが、バンドもお客さんもめっちゃ気さくで、私らスタッフともとっても仲良しです。豪華なお祝いのお花と、そしてライブで盛り上げてくれました〜!2日目は小田知代トリオに谷口知巳さん(tb)&青木まきほさん(vo)、そしてマホガニーホールストンパーズの有志たちで、スイング&ニューオリンズジャズをお送りしました。こちらも谷口ご夫妻&マホガニーの皆さんからお花を頂きました!
ニューサンの50年間を映写機で振り返りました!
出演してくれるだけで充分なのに、ありがとうございました!3日目は、地味なイベント《映写機で観るニューサン昭和の軌跡》をやりました。「オレ最近滑舌悪いからトントン喋って」と言われていたのですが、「ニューサン誕生の頃なんて、私生まれてへんことはないけど💦マスターが写真の説明をしてよ!」と譲り合って?いました。結局当日、本人はご機嫌で面白おかしく写真の説明をし、ニューサンの軌跡を懐かしく想い出してました。この日は開店当時から続いてるバンド、“フラット5”の原田紀子さん(vo)&中山聖さん(cor)、そしてオープン当時フラット5のメンバーであったクラリネットの福家菊雄さんも、わざわざ東京から駆けつけて下さって、往年のフラット5を彷彿とさせる演奏を聴かせてくれました。フラット5の皆さんの昔の写真も出て来て大いに盛り上がり、「原田さん、若〜!」の言葉に、原田さん「当たり前やないの!」(笑)地味な企画ながらにして、まあまあオモロかったので、やって良かったです(^0^)/。

2020年8月19日水曜日

ニューサントリー5 50周年祭のお知らせ

 いよいよ来週8月25日にニューサンは50周年を迎えます。本当ならば、盛大に周年祭をやるつもりでしたが、今年は新型コロナウイルスという驚異の感染病が猛威を振るい、周年祭どころか、それをすることさえ、良くないのでは?と悩まされてきました。
大ママがお気に入りだったレッドカーペット
今、感染者が増加する中、延期しようかとも考えましたが、コロナがいつ収束するか?それにコロナの影響でこの先お店もどうなるかわからないし、マスターが少しでも元気なうちにやりたいし、、、と考え抜いた末、やはり周年祭はやることにしました。ただし、できるだけ地味に・・・。
 日程は、密を避けるために、8月25日(火)〜29日(土)までの5日間で、40名様の予約制とさせて頂きます。ちなみに、29日(土)は、既に満席となっております。今年は50周年なので、期間中ボトル50%割引で、中でもサントリーボトルを購入して頂いたお客様には、サントリーから福引&景品があります。マンスリーで出演して頂いているバンドから1曲ずつ提供して頂いて記念CDも作りました。27日(木)と29日(土)は、映写機で観る、『昭和を駆け抜けたニューサントリー5』を、マスターの解説のもと、15分程度やります。通常通り5時半オープン、演奏は7時半開演で、10時頃終演とし、出来るだけ短い時間で終えるように致します。30日(日)は、『これからのニューサントリー5を支える仲間たち』の昼下がりジャズライブをやります。Mitchを中心に、若いニューオリンズジャズメンバーで、チケットは3千円。こちらも40名様の予約制です。
記念CDの予告です。見えるかな?
 アルコール消毒、検温、マスク着用、そして窓を開放しての換気など、出来る限りの対策は致します。こんな時代なので、「どうぞお越し下さい」とは申し上げられませんが、告知だけでもさせて頂きました。今年は完全予約制ではありますが、当日お越し頂いても、お席に余裕がある場合はご入場頂けますが、もしお越し下さる際は、たとえギリギリでも、お電話やメールでご確認頂くよう、お願い申し上げます。
 50年間、大変お世話になりました。こんなに長く続けて来られたのは、お客様やバンドの皆様などたくさんの方が支えて下さったからだと心から感謝しています。コロナの影響で、こういった形での50周年祭になってしまいましたが、いつか、「あの時、50周年祭をやって良かった」と思えるような、心に刻まれる周年祭にしたいと思っております。そして50周年が最後にならないよう、これからもニューサントリー5を出来る限り続けて行くために努力して参りますので、ご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します。