2019年9月11日水曜日

第3弾 昼下がり【落語とジャズのコラボレーション】ライブ

林家竹丸さんの落語風景
とても楽しくて人気のある【落語とジャズのコラボレーション】、今年も第3弾やりましたー!ボーカルは、毎月第2金曜、ニューサンに出演して下さっている矢萩典代さん。そして落語家は、矢萩さんの大学の後輩で、林家竹丸さん。お二人はとても仲良し💚 竹丸さんは神戸大学卒業後、 NHK経済部の記者をされていたのですが、阪神大震災を機に辞職され、大好きだった落語家の道を選ばれたそうです。大学時代はやはり落研だったそうですが、神戸大学の落研は優秀で、桂吉弥さんなどご活躍されている方も多いです。そしてこのお二人を支える素晴らしいメンバーは、ピアノ多田恵美子さん、ベース財盛紘さん、ドラム久家貴志さんでした。
玉すだれ『東京タワー』
まず最初のステージは矢萩さんの歌で始まりました。矢萩さんのハスキーボイスで聴かせてくれた《When you wish upon a star》や《Girl talk》などメロディーが美しくロマンティックな曲は、お天気のいい昼下がりに安らぎを与えてくれました。矢萩さんのライブの次は、竹丸さんの落語。前回に引き続き、カウンターの上に座布団をひいて、そこからお客さんを見渡す感じでお話を聞かせてくれました。お題は『ケチのお話』。2部は、探し物は意外と身近にあるという『丁稚奉公のお話』。
林家竹丸(vo) 財盛紘(b) 矢萩典代(vo)
こうして落語家さん自ら来て下さって、落語を聞かせて下さるなんて、ホント贅沢な企画です!2部の落語の後は、落語の合間にやる演芸も観せて下さいました。芸は《南京玉すだれ》。バンドの伴奏付きで「あ、さて、あ、さて、さては南京玉すだれ〜ちょいとひねれば~♪」と、竹丸さんの持つすだれが、『東京タワー』や『サンマの開き』『しだれ柳』など・・・もっともっとたくさんありますが、それは次の機会に皆様に観に来ていただきたいです!その後矢萩さんも着物に着替えての登場でしたが、音符をあしらった🎶粋な着物を着て歌う矢萩さんもとっても素敵でした✨《It don't mean a thing》は、矢萩さんと竹丸さん二人でデュエット。といっても竹丸さん「デュワデュワ〜」しか歌わなかったけど(笑)、ラスト曲《月光値千金》は、竹丸さんもしっかり日本語で歌ってましたよー。
 ジャズ演奏と落語がたっぷり2時間、たったの2千円で観ることができるなんて、とても贅沢な企画です!来年の第3弾は、まだ観ていらっしゃらない方はぜひお見逃しなく!

0 件のコメント:

コメントを投稿